Blog

Work
Jun 23 2018

[ Work ]敦賀ムゼウムの10周年記念ピンバッジ 地元・敦賀港は、シベリア鉄道を通じてヨーロッパ各国に直結する国際港として発展してきた歴史がある。第二次世界大戦前の時代に、新橋・東京発→敦賀港→ウラジオストク経由→パリやベルリン行きのダイヤが組まれていた。近年では、唐沢寿明主演の映画にもなったが、日本のシンドラーこと杉原千畝の「命のビザ」を持ったユダヤ人難民が上陸した港でもある。こんな歴史ロマンと過去の栄華に思いを馳せながら制作した。ポーランドをはじめ敦賀市と交流がある国々の大使などに配られるようだ。小さなピンバッジだが、地元の文化遺産の継承と国際交流を豊かにしてくれることを期待したい。